LB工法とは of 株式会社ロッシュ

ROSH_LOGO_last_A.jpg



ROSH_LOGO_last_B.jpg



建設からメンテナンスまで
24時間365日『建設サービス』



HOME > LB工法

鉄蓋のメンテナンスのために開発した、合理的・経済的なNEWシステム「LB工法」

マンホール鉄蓋のかさあげ・交換工事を合理的に、しかも経済的・施工性に優れたLB工法で実現

 近年、交通量・車両重量の増加にともなう「道路」や「マンホール鉄蓋」への過大な負担から、早期の整備・交換等のメンテナンス作業が求められています。そこで、「LB工法」ではそのような請求に対し、路面の破砕、切断等の前作業なしに手動式油圧機である〔フレームリター〕を用いて、低騒音の下に直接鉄 蓋受粋を路面から引き上げ、取り出すことが出来ます。又、鉄蓋装置において〔スパイダー〕、〔GMモルタル〕、〔MSK〕を用い、短時間に効率よく施工できるため早期の交通開放が可能となります。

合理性

  • 小さな施工面積、体裁よく仕上がり、ガラ等の廃棄物が少量となり、低騒音で環境に配慮した工法です。

施工性

  • コンパクトなフレームリフターと専用器材を使い、作業は簡単な高さ調節等、手軽で施工性及び安全性に優れています。

経済性

  • 少人数による短時間作業、小規模器材による施工が可能なため経済的に有利になります。流動性に富む、無収縮、早強モルタルによって受粋の下部全体が調節ブロックと一体化した構造になるため、耐久性が向上します。

1.遮断プレートの取付

1.jpeg

鉄蓋を取り外した後、遮断プレートを取り付けます。

2.フレームリフターの設置

2.jpeg

フレームリフターを設置し、3個のジャッキを使って路面から受粋を引き上げます。

3.受粋の撤去

3.jpeg

フエームリフターを移動。受粋ごと路面より撤去します。

4.開口部の修正

4.jpeg

開口部破断面の修正、旧調整モルタルの除去、清掃をします。

5.スパイダーを受粋に取付

5.jpeg

受粋にスパーダーを取付けます。

6.内型粋の取付

6.jpeg

スパイダーを路面にセットし、内型枠を取付けます。

7.MGモルタルの投入

7.jpeg

GMモルタルを混練りし、路面の高い方から流し込みます。(凝結まで約15分)

8.MSKの投入

8.jpeg

マンホール蓋、及び路面仕上がり範囲をテープで区切り、MSを投入、コテで均した後、砂を捲きます。

9.受粋の撤去

9.jpeg

テープを剥がし取り、硬化後完成。